子どもに見せたい英会話YouTubeチャンネル4選とメリットデメリットまとめ

インターネットを始めとするテクノロジーの進化などで、昨今のグローバル化は止まる所を知りません。

そんな現代において、自分の子どもに英語を習得させたいと考えている方も多いのではないのでしょうか。

しかし英会話教室に通わせるのはお金がかかるし、ただでさえ忙しいのに送り迎えの負担もある…。

そんな方にはオススメなのが、youtubeを使って英語教育をする方法。

この方法の利点はなんといってもタダなことです。費用面でのリスクはありませんから、とりあえずお試しで見せてみてはいかがでしょうか。

オススメ子ども向け英会話チャンネル

HooplaKidz

インドで制作されている幼児向けチャンネルです。

ポップな映像が子どもの集中を引きつけることでしょう。

全編英語で日本語は出て来ませんが、英語に触れる機会としては申し分ありません。

BusyBeaver

基本的な単語を覚えることに適した動画が多数公開されているチャンネルです。

英会話を学習する最初の段階としては、とても良い教材だと言えます。

Super Simple Songs

こちらは英語の歌やアニメーションに特化したチャンネルです。

前述のチャンネルとはまた違ったアプローチを図ることが可能です。

ShufunotomoMovieChannel

主婦層をターゲットとして情報を発信しているチャンネル。

このチャンネルの中に、「まいにちのキッズ英会話」という再生リストがあります。

内容としては、まず英文が一文読み上げられ、直後にその英文の日本語訳が読み上げられるというものです。

例文もわかりやすく全体のスピードも早すぎないため子どもにとっては良い動画ですが、どちらかというとある程度日本語力のつく3~4歳以上の子に見せたい動画ですね。

スポンサーリンク

youtubeで英会話ってどうなの?

メリット

YouTubeを子どもの英会話の教材とする際のメリットは、何と言ってもそのYouTubeの特性にあります。

まずネット環境さえ整っていれば、無料で利用できるということ。

YouTube上の動画を視聴するだけなら、アカウントの作成も不要です。

そして好きな時間に、どこでも動画を視聴できるということ。

例えば英会話教室に通うとなったら、当然ですが授業の時間までにその教室へ足を運ばなくてはなりません。

それがYouTubeなら、いつでもどこでも英会話を学習することができます。

送迎などの時間やお金も省くことだって叶えてくれます。

デメリット

とはいえ、YouTubeを子どもの英会話の教材とすることには、デメリットもあります。

それは、動画の視聴時間のコントロールが難しいということです。

スマホでの操作はシンプルなため、子どもが次々と他の動画を選択してしまいます。

そして英語の動画だけでなく、日本語の動画もあるため、学習そっちのけで他の動画を楽しんでしまうことも考えられます。

YouTubeで、どこでも手軽に英会話を勉強することができる、便利な世の中になりました。

しかしいくらテクノロジーが進化しているとはいえ、重要なことは親子で触れ合いながら学びを深めることではないでしょうか。

親が子どもにスマホを渡して、子どもがそれを使って1人でYouTubeを見るだけでは、子どもの理解は深まりづらいでしょうし、学習に対しての楽しみも見出しづらいと思います。

親子で一緒に動画を見て一緒に勉強することで、子どもにとってより良い時間になりますし、親子の絆も深まることでしょう。

まとめ

  • オススメのチャンネルは「ShufunotomoMovieChannel」、「HooplaKidz」など。
  • メリットはYouTubeの特性そのものにある。
  • デメリットは限られた動画の中でしか選べないこと。
  • 最も重要なことは親子で触れ合いながら学ぶこと。

以上になります!

とりあえず私の息子(0歳7か月)にも見せていますが今のところ反応は良いです(笑)

ですのでこれからも続けてみようと思います。もし結果が出たらまたこの記事でお伝えしますね!

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主/フリーランスのライター。動画を使ったマーケティングに興味があり、勉強という名目でYouTuberのコンテンツを1日6時間ほど視聴したりしなかったりする。 座右の銘は「働きたくない」という生粋のニート気質の持ち主。