ヒカルが新事業立ち上げを発表。どんなことやるのかわかりやすく解説!!

人気youtuberのヒカルさんが新事業を立ち上げることを自身の動画で発表しました。

まだまだお金稼ぐつもりなんかい!とスマホの前で突っ込んだ方も多いとは思いますが、ぶっちゃけ私も同じように感じました←

とはいえヒカルさんは自分のことを「youtuberではなく実業家」と語っていますし、そりゃ影響力のあるうちにどんどん仕掛けるのが商売人としては普通ですよね。

というわけで今回は、その新事業とは具体的にどんなものなのか?

について小学生でもわかるように解説してみたので興味のある方はこのまま続きをみてください笑

新事業の内容

syokai

一言でいうと人材紹介業をヒカルさんは立ち上げるようです。

ではいったいどんな人をどのような企業に紹介するのか?

それは「能力があるけど学歴がない人」「中卒・高卒じゃあ普通は入れないような優良企業」を結びつけるマッチングサービスを始めるとのこと。

こりゃあまた大きく出ましたねwでも夢のあるビジネスだと思います。

応募者はお金かかるの?

okane

かからないとヒカルさんは明言しています。無料で応募、というかおそらく登録することができる、と。

ヒカルさんの視聴者層は若者がメインなのでお金をとるつもりはないとのことです。

「じゃあなんでそんなことやるの?ボランティアなの?」とお思いの方ももしかしたらいるかもしれませんが、もちろんちゃんとヒカルさんにもお金が入ってくる仕組みがあります。

ヒカルはどうやって稼ぐの?

okane2

これは人材紹介業ではよくあるビジネスモデルなのですが、マッチングが成立した時点で紹介された企業がヒカルさん(の会社)にお金を払うというシステムですね。

だから応募する人はとくにお金がかからない、と。かかっても交通費くらいでしょうね。

じゃあ1人紹介するとヒカルさんにはお金が入ってくるのか?

もちろんこれは企業間同士の話で決まることなので詳しい金額が発表されることはまずないと思います笑

が、人材紹介業の成功報酬の相場は実は決まってまして、紹介者の年収の大体30%前後と言われています。

つまり年収500万円の人を紹介したら150万円です。

結構でかい金額ですよねw

どんな会社にいけるの?

office

詳しくはまだ全然わかっておりません。

ただ、今後ヒカルさんが自身の動画で会社をドンドン紹介していくと思うんですよね。

路線的には知られざる優良企業を紹介!みたいな動画なんだと思います。

大人の社会見学的なノリで動画を観るだけでもオッケーですし、これは上手い企画だなあと思いました。

ヒカルはなんでこんなことやるの?

gimon

ヒカルさんは学歴が高卒で卒業後は選択肢がなく工場で働いていました。

でもヒカルさんには「俺は勉強は不得意だけどコミュニケーション能力で他のやつに負けてるつもりはない」という自負があったそうです。

「営業」という種目があったら絶対に1位になれる自信がある、と。

実際に彼は工場勤務のあと営業としてキャリアをスタートさせるのですが、そこでメキメキと頭角を現しました。

その後独立して福島の原発ビジネスに喰い込もうとして失敗したりしたのですが、結局情報商材を売ってりyoutuberを始めたりでなんやかんや成功しているのは周知の事実。

ヒカルの過去について詳しく知る

 

で、彼曰く、そんなやつはまだまだいっぱいいるんだと。

たしかにそんな経歴を持つヒカルさんが言うことだし、謎の説得力がありますよね。

というわけで自身の思いを熱く語っている動画については

こちらをご覧ください笑

新事業は上手くいくの?

gimon2

ご本人も動画で語っていますけど、正直簡単ではないでしょうね。

まず採用する企業のリスクが高すぎますw

ぶっちゃけた話、やはり高学歴の人材をとったほうが話が早いんですよね。

学歴社会だなんだと言われていますが、日本企業にとって効率的なシステムだからこそ、学歴で決めるというやり方はなかなか覆らないわけです。

ただし。

ここは上手いやり方だなあと思うんですけど、多分ヒカルさんにはそんなにリスクがないんですよ。

何故かというと、普通の人材紹介業は応募者を探すのに費用をかけるわけです。

自社媒体を育てたり、アフィリエイターを使ってみたり、もちろん広告も出したり、とにかくお金がかかります。

しかしヒカルさんはすでに媒体を持っているんですよね。そして応募者の選考の様子とかも動画にすると思うんですよ。

紹介側の企業についても動画をとるとヒカルさんは語ってます。

で、その動画自体にもコンテンツとしての価値があるし、その動画が伸びたら当然youtuberとしての広告収入にも期待ができる、と。

普通の人材紹介業者と違い、ヒカルさんはこの企画がポシャってもそんなに痛手がないんですね。

これはやはり自分の媒体を持っているものの強みです。

スポンサーリンク

まとめ

  • ヒカルの新事業は人材紹介業
  • 地頭に自信のある低学歴は要注目

以上です!

…私も低学歴高卒野郎で30後半のおっさんですけど応募してもいいですかね?

読者「駄目に決まってるだろ馬鹿野郎」

~完~

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主/フリーランスのライター。動画を使ったマーケティングに興味があり、勉強という名目でYouTuberのコンテンツを1日6時間ほど視聴したりしなかったりする。 座右の銘は「働きたくない」という生粋のニート気質の持ち主。