田口心温(たぐちここあ)って何者?ジョーブログとの試合はいつ?ボクシングを始めたきっかけが凄い。

スポンサーリンク

ジョーブログのプロボクサー挑戦企画内の企画(なんか変な感じだな……)

「ジョーに勝ったら1万円」

言わずと知れた「亀田に勝ったら1000万円」のパロディ企画ですが……

その内の挑戦者の一人が物凄い特濃キャラで話題を集めてますよね。

その名も「田口心温(たぐちここあ)」

今回はそんな彼女とは何者なのか?ということについての紹介記事になります。

格闘技を始めた意外なきっかけや、めちゃんこ可愛い妹の存在など、盛りだくさんの内容でお届けします。

ジョーに勝ったら1万円の挑戦者「戦う中二女子、田口心温」って何者?

彼女はアベマの紹介動画にも全面的に打ち出されている通り

「戦う中二女子」

のキャッチフレージを持つ、文字通り現役女子中学生です。

【一部先行公開】ついに対戦相手決定!『ジョーに勝ったら1万円』対戦者は放送で発表|亀田×ジョープロボクサーへの道 ♯7 |続きは8/20 (日) よる10時 AbemaTVで放送!

こちらがアベマの紹介動画の一部ですねw

「ボクサー舐めんじゃねえぞコラ」

「首洗って待ってろよコラ」

と女子らしからぬ物言いで、一部視聴者からも気になる存在になっている模様。

こちらは好意的な意見ですが、中には……

中二の女の子うざいしきもい

確実に厨二病だわこれ大人になったりもっと大きくなったら黒歴史になりそう

さすがにボクシングかじってるだけありますね。大人(男)vs子供(女)で力の差があると思うからさすがに勝てないだろうな〜

という否定的な動画コメントも見られましたね。

まあ企画の意図を読んで自発的にこのような振る舞いをしているのかもしれませんし、彼女の態度をそのまま真に受けるのもどうかとは思いますがw

なにはともあれそんな濃ゆいキャラを持つ田口心温ちゃんの人となりを次の項目で紹介していきます。

スポンサーリンク

田口心温のwiki的プロフィール

本名 田口心温
年齢 13~14歳
学年 中学二年生
出身・住所 埼玉県三郷市(?)
目標 史上最強
格闘技歴 極真空手
ボクシング

 本名

田口心温(たぐちここあ)ちゃんですね。

なかなか珍しい名前というか……

誤解を恐れずにいえば若干キラキラネームな彼女(笑)

可愛らしい名前と、史上最強を目指す格闘技女子という、ギャップがたまらないですよねw

ちなみに彼女には妹さんもいるのですが、その子もなかなか読みずらい名前をしていますので、気になる人はこのまま読み進めてください。

出身地・住所

彼女について調べていると、極真空手の大会の入賞歴などの情報が出てきます。

その中で埼玉県の三郷市長と表敬訪問の写真などが出てくるんですよね。

ですので出身や住所は、埼玉県の三郷市の可能性が高いと思います。

まあ引っ越したりしてなければの話ですけどw

それにしても市長に表彰されるレベルで、空手の世界でも活躍していたとは驚きですよね。

2014kyokushisai06_thumb

画像引用/http://www.kamiodojo.co.jp/kakonokiji.html より

彼女には3歳年下の妹さんがいます。

その名も田口永真(たぐちえいしゃ)ちゃん。

右の女の子が永真ちゃんですね!

写真でもわかる通り彼女も極真空手をやっていて、姉妹で大会荒しのように入賞をかっさらっていたそう。

なかなか話題性のある姉妹ですねw

田口心温がボクシングを始めたきっかけは?

元々は極真空手出身

e6d8b091-s

画像引用/http://www.kamiodojo.co.jp/kakonokiji.html より

ここまで紹介してきた通り、心温ちゃんはもともと極真空手に取り組んでいた格闘家でした。

なんでも空手を始めたのは4歳の頃。

家にあった「空手バカ一代」を読んで、「私も空手をやりたい」と親御さんに頼み込んだのだそうです。

率直に言って、なかなか独特な感性を持った女の子ですねw

そんな心温ちゃん、みるみるうちに空手が上達し、極真空手の大会で何度も優勝するほどになります。

市長さんに表敬訪問に行くレベルですから、もしかしたら連続優勝とかしたのかもしれませんね。

極真空手の大会の驚くべきエピソード

彼女の極真空手時代について調べていると、面白いブログが出てきましたので以下にご紹介します。

空手の大会で、心温ちゃんの戦いぶりについて詳述されている記事です。

ついに相手の上段ヒザ蹴りが田口選手に当たってしまい

技ありを取られてしまいます。

『万事休す』

誰もがそう思いました。

これを取り戻すには技あり以上を取らないと負けになります。

ここで相手に油断があれば、まだ勝機はありますが

残念ながら油断など全く無く

それどころか止めを刺すべく

更に攻撃を強めて来ました。

まさに絶望的な状況。

我々も応援しながらも

負けが一瞬頭をよぎりました。

しかし田口選手

諦めず攻撃を続け

勝機を呼び戻そうとします。

そして

残り30秒

ついに勝機がやって来ました。

相手が更に前進して来るのに合わせ

必殺の胴回し回転蹴りを放ったのです。

『パカーン!』

見事に命中!

前進に対するカウンターとなり

会場内に盛大な音が響きました。

『技ありー!』

文句なく技ありがコールされました。

何と!田口選手

技ありを取り返してしまいました!

これには全員ビックリ!

『うおおおおおおおおおおおおおおあ!』

全日本大会、世界大会で一本勝ちが起こった時の様な

凄まじい歓声が会場内に響きました。

殆どのコートの試合が終わっていたので

見てた人が多かったのです。

こんな歓声、関東レベルの大会では初めて聞きました。

田口選手の事を知らない人がビックリした位ですから。

それ程、見事な胴回し回転蹴りであり

見事な逆転劇でした。

引用/http://blog.livedoor.jp/kamiodojo/archives/52276930.html より

ちょっと長くなってしまいましたが、いかがですか?

地方レベルの大会で「うおおおおお!」という観客の歓声が湧くって凄いですよね!

劣勢の試合展開から「胴回し回転蹴り」という大技で逆転とか、ぶっちゃけ格闘漫画の世界です。

漫画とは違い、実際の格闘技ってなかなか逆転劇とか起こりませんからね(強い方が地味に勝つ展開がほとんど)

もしかしたら心温ちゃんは、いわゆる「持っている」タイプのアスリートなのかもしれません。

ジョーブログとの対決でも、思いもよらない熱い戦いを魅せてくれるかもしれませんね!

ボクシングを始めた理由が凄い

さて、極真空手一筋だった彼女ですが、11歳頃から空手の出場歴がプツリと途絶えます。

おそらくこの頃からボクシングに転向したのだと思われますが……

空手を辞めてボクシングに転向した理由がこれまた凄い。

知っている人は知っていると思いますが、極真空手は相手の顔面へパンチを放つことは禁止されています。

しかしその極真空手ルールにある日、疑問を抱いたそうなんですね。

インタビューでも語っていますが、彼女の目標は「史上最強」なのだそうです(大真面目に語っていました。)

そんな史上最強女子を目指す彼女にとって、顔面殴打禁止の極真空手ルールはいつしか物足りなくなったとのこと。

なのでボクシングに転向したんですね。

実際、ジョーブログも彼女の動きを観て「中二の女の子は結構やってそう」と語っています。

筆者目線でも彼女のシャドウを見る限り、素人のパンチの打ち方には見えませんでした。

ボクシング歴はせいぜい1~2年のはずですが、そこはやはり空手のベースがあるからなのか、決して女の子だからと言って舐めてかかってはいけないのかもしれませんね。

まとめ

戦う中二女子、田口心温ちゃんに関する話題でした!

彼女とジョーブログのスパーリングは、2017年8月27日(日曜日)の20時から生放送でアベマTVから視聴できます。

興味のある人は、アプリをダウンロードして視聴しましょう!

もしかしたら試合のあと、ジョーが彼女と絡むような展開もありうるかもしれませんねw

亀田戦のあとも、麦わらのユウタとストリートファイト動画を撮ったりしていましたし。

そのへんの展開にも個人的には期待したいと思います。

またなにか情報が入り次第、この記事にどんどん追記していきますね!