【まるで教科書】超簡単カスタムサムネイルの作成と設定方法まとめ

スポンサーリンク

これまでいくつかのYouTubeへの投稿方法を解説してきましたが、

動画の方は無事に投稿できましたでしょうか?

挫折気味の方は是非、再度チャレンジしてみましょう!

動画は1個完成させれば2個目からはかなり作業スピードが上がるものなので最初の1個を頑張ってください!

さて、見事動画を投稿出来た方。

本当におめでとうございます!次のステップに進みましょう!

せっかく頑張って投稿した動画です。

やっぱりできるだけ多くの人に見てもらいたいですよね。

対策はいろいろありますがまずはすぐにできるところから始めましょう!

今日はその中でもカスタムサムネイルの作り方から設定方法を解説していきたいと思います。

カスタムサムネイルの重要性!!

youtube

少しでも多くの人に動画を見てもらうためにできることの一つに「カスタムサムネイル」の設定があります。

すでに動画投稿を進めている人、YouTubeをよく見る人ならもう対策をとっているかもしれませんね。

案外見落としがちなんですがサムネイルは動画のクリック数にかなり影響を与えます

サムネイル自体は動画制作に比べれば全然手間のかからない作業なので、

是非、動画をクリックしたくなるサムネイルを作って設定しましょう!

「いや、でもどんなのつくればいいかわかんないよ!」

と、いう方のためにサムネイルを作るうえでいくつか押さえておきたいポイントがあるので意識して作ってみましょう!

  • サムネイルを見ただけでどんな内容かざっくりわかるようなテキストを入れる
  • 顔出しの方は顔のアップを使う(ペットだったらペットのアップ)
  • 写真もテキストも大きく!!

今はスマホなどの携帯端末からYouTubeを視聴する方が非常に多いです。

スマホの大きさでも見やすい大きさを目安にしましょう。

またイメージとしては同じジャンルの動画で伸びている動画のサムネイルを参考にしてみるのもいいですね!

さぁ、あとは実際に一緒に作っていきたいと思います!

今回は筆者は「初めて雪を見た柴犬がかわいい!!」という動画があると仮定して進めてみようと思います。

この先はサムネイルの作り方の方法をいくつかに分けて紹介していますので自分に合った作り方を試してみましょう!

スポンサーリンク

ペイントだけでカスタムサムネイルを作る!!

一番シンプルな方法です。

しかし、十分なクオリティのサムネイルができるのでパソコンが苦手な方ちゃちゃっと作ってしまいたい方などにおすすめです。

実際に作ってみましょう!

まず完成した動画でいい感じのところをスクリーンショットします。

それをそのままペイントに貼り付けます。

そのまま選択ツールで選択範囲を設定して上部にあるトリミングをクリックします。

次にペイントのテキストツールでキャッチコピー、またはタイトルを書きましょう。

出来上がったものを保存すれば出来上がりです!

ただ、動画のランダムなシーンをサムネイルとして設定するよりもはるかにわかりやすいし興味を引きますね!

ペイントと動画ソフトから作る!!

これは筆者がよく使っている方法です。

ペイントのテキストツールだとなんだか物足りないなぁと思ってこの方法を使うようになりました。

筆者は無料動画編集ソフトで有名なAviUtlを使うことが多いのでAviUtlを例で解説します。

まずはプレビュー画面でいい感じのところを表示させます。

そしてここでサムネイルにいれたくないものは非表示にしてタイトルやキャッチコピーを打ち込みます。

そのままテキストにエフェクトなどをかけて「クリップボードに出力イメージをコピー」をクリックします。

それをそのままペイントに張り付けてトリミングすれば出来上がり!

ちなみに。

AviUtlを使ってこの方法を試した方で下のようになった方いるんでじゃないでしょうか?

実はこの表示はすぐに非表示にできます。

ここで右クリックして出てきたフレーム領域外の表示のチェックを外しましょう。

すると邪魔だったものが非表示になりますのでこの状態で「クリップボードに出力イメージをコピー」しましょう。

また、AviUtl以外のソフトを使っている方でも動画編集ソフトにはたいてい静止画が書き出せる機能がついているので調べてみるといいかもしれませんね。

もし、お使いの動画編集ソフトに静止画を書き出す機能がなければプレビュー画面をスクリーンショットしたり、

書き出した動画をプレイヤーで再生していい感じのところをスクリーンショットしたり試行錯誤してみましょう!

Photoshopでカスタムサムネイルを作る!!

サムネイルをさらに凝りたい人は画像編集ソフトを使ってみましょう。

ここでは例としてPhotoshopを扱いますが無料の画像編集ソフトもありますのでチャレンジしてみてください!

おすすめの無料画像ソフト。

  • pixlr(ダウンロード、インストールが不要)
  • GIMP(有料ソフトに引けをとらない性能)

さて、具体的な方法を作り方の一例を見てみましょう。

まず、キャプチャーした画像をPhotoshopに貼ります。

いらないところ(背景など)を消したりマスクをかけていきます。

筆者はPhotoshopのペンツールでやっていますがソフトに慣れてない人などは消しゴムツールでもできます。

背景などを消したら大きさ配置を整えて代わりとなる背景を作りましょう!

塗りつぶしツールなどで単色にするのもシンプルで見やすくていいと思います。

もう少し凝りたい人はグラデーションツールなどを使って変化をつけると面白いかもしれませんね!

さぁ、あと一息です。

ここにキャッチコピーとなるテキストやタイトルを打ち込みましょう。

テキストも打ち込むだけではなくちゃんと色を変えてみたりフォントもどんなものがいいか試してみましょう!

ポイントとしてはテキストでフォントの種類を使いすぎない、せいぜい2,3種類。

筆者はゴシック体を使うことが多いです。(ゴシック体は可視性が高く、明朝体は可読性が高いと言われています)

完成したサムネイルをjpgもしくはpngで保存すればサムネイルの完成です!

クオリティの高いサムネイルと作りたい方や他の動画と差別化したい方は是非!

そしてPhotoshopなどの画像編集ソフトをお勧めするの理由はもう一つ。

今後の動画作成にもかなり役立ちます!

画像編集ソフトでサムネイル作りに慣れてきたころには動画に使いたいちょっとした素材なんかはすぐに作れるようになります!

本当にちょっと使うだけなのになかなか素材が見つからない…。

なんてこともよくありますが、そんなときは自分で作ってしまう方が早いです。

しかも、それだけでも他の動画との差別化にもつながりますしね!

興味がある方は是非、ためしてみてほしい方法です!

カスタムサムネイルの設定方法!!

さぁ、オリジナルのカスタムサムネイルができたので設定方法もあわせて解説したいと思います!

まずは自分のクリエイターページに飛びます。

そこから左の動画管理から動画を開きます。

そして、設定したい動画の編集をクリックします。

すると下のような画面が開きますのでカスタムサムネイルをクリックして作ったサムネイルを設定します。

若干、反映には時間がかかるかもしれませんがこれでばっちりです!

まとめ

どうでしょうか?カスタムサムネイルは設定できましたか?

案外初期のサムネイルのまま変えずに放置している人も少なくないと思います。

サムネイルの設定は動画投稿後もできますので今までのサムネイルも一度確認してみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

ppp

YouTube、ニコニコ動画、SNSなどが大好きな28歳のフリーランス。映像制作をメインに幅広く活動しており「楽しそうなこと」「面白そうなこと」に対して一切の我慢ができないし、しない。